ひなもよふ

Top

  カテゴリ:impressions( 9 )

 

f0197128_16474378.jpg

もしも明日いなくなっても ぼくはここにいたんだね

『夜廻り猫』 第148話より-
敬愛し私淑する深谷かほる先生が描く『夜廻り猫』の世界に心酔しています。
 
いつもいつも猫を撮ることに悩んで、たしかこの写真を撮ったころ(2015・春)も禿げそうになっていた覚えがあります。
外の猫たちを撮るということは、覚悟も要ります。

この子は今、なぜかウチで寝てるけど。


 
[PR]
by 1725canon | 2016-06-21 16:54 | impressions | Comments(0)

  once in a blue moon

f0197128_2146917.jpg



滅多にないことに遭遇したり偶然が重なって、なにかこう運命とか宿命とか、普段は信じていないような
物事の連結や交錯を感じたりした昨日のことを、どこかに書いておこうと思ってブログだけど写真ばかり
で、滅多に文章しみじみ書いたりしないココにしてみました。


前日譚。
昨年の『横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展』でご一緒させていただいたり、Facebookでお世話になっている
友人たちが参加しているフォトセッション、『I Love Jimmy!(ジミーに首ったけ)写真展 2016』。
少し前から始まっていて、そのうち折をみて伺おうと思っていたところ、古くからの友人がたまたま地方
から上京していて久しぶりに会おうということになり、この2つのイベントのために5月16日(月)、お山から
トコトコ東京へ行くことにしました。

東京へということで都内の別の友人(ぶっちゃけ「ねこゆひ」のメンバー)に件のフォトセッションを
「見にいってくるー」と、それこそ前日の随分と遅い時間に連絡したら、夕方からならみんな一緒に行ける!
ということになりまして、あらまー良かったわー!と、これも偶然でして。

と、その前に。このフォトセッションの会場がですね非常になんていうか、偶然にもいにしえの縁のある
場所に有りまして、郷愁(のようなモノ)こみ上げていたことも付け加えさせてくだされ。

続きがありますが、読んでくれます?
[PR]
by 1725canon | 2016-05-17 21:58 | impressions | Comments(0)

  Untitled Winter #30

f0197128_234595.jpg

2000年、神戸、LOMO LC-Aで撮影。

北野マダムの御用達、ミラノの街角のような(行ったこと無いけどw)ブティックのショーウィンドウ。
ちょっと休憩中の、ハウスマヌカン(死語?)

この頃のフィルム写真を見ると、忘れていた"何か"を思い出します。

日付変わって昨日のこと、東京・WACCA IKEBUKUROにて開催されている
猫の世界 in WACCA 2015へ、ねこゆひメンバーミーティングを兼ねて行ってまいりました。
一番のお目当ては写真家集団「東京猫色」による猫写真展。
作品そのものが素晴らしいことに加え、プリントで見る猫の世界に得も言われぬ恍惚を感じてまいりました。
そのうえ、思いがけない素敵な出会いがあったり、その出会いから猫写真を撮り始めた時の新鮮さやら
色んなこと、そう、忘れていた"何か"を思い出すことができて、すっごく良かった!

穏やかなお天気と、とても充実した休日、今、己に一番必要なものを与えていただいた1日に、感謝、感謝!

そして今日は2月22日……
ねこの日にゃ!!
 

* * *
[PR]
by 1725canon | 2015-02-22 02:22 | impressions | Comments(0)

  Untitled Winter #11

f0197128_205630100.jpg

知的生命体の未来について意見交換を試みる。

「にゃー」

はぐらかされたが、キミが地球外知的生命体ではないとは、まだ言い切れない。


 人間の大脳皮質は素晴らしい進化を遂げたにもかかわらず、我々の知性や理性は本能によってしばしば裏切られる。結局、人間は限りなく"動物"に近いのだ。我々は行き着く所まで来てしまった。今後、進歩するとすれば我々の技術を駆使してまったく新しい生命体を創造するしかないだろう。もしかしたら他の惑星ではすでに実現している可能性が。
 もし、彼らが地球を訪れていたとしたら人間のあまりの野蛮さにあきれ果てたに違いない。

 THE X FILE #312 -War of the Coprophages- より


* * *
猫写する女性たちのグループブログ 「ねこゆひ」に参加しています。
2月は【特別企画】を開催♪


 
[PR]
by 1725canon | 2015-02-01 21:06 | impressions | Comments(0)

  見えないもの

f0197128_1561697.jpg

私事、見えないものを求めすぎて
得難くなっている今日このごろでございます。

ていうか年末のせい(にして)、更新停滞中。


* * *
猫写する女性たちのグループブログ 「ねこゆひ」に参加しています。
今回の更新を担当しました^^
[ ARTICLE ]
風ニモマケズ (12/25) NEW!
#70 壁面 (12/20)
雨の前 (12/14)


 
[PR]
by 1725canon | 2014-12-26 01:58 | impressions | Comments(2)

  解放感

f0197128_23223345.jpg

ただなんとなく此処に居る自由と
その時間を、とても愛してる。

すべてからでなくても、ほんのひとときでも、何かから解放される。
キミがそうであればいちばん良くて、
己もそうであればもっと良い。

などと思った最高気温37℃の日でございました。
暑さからはいつ解放されるのかーっ!?(笑)


* * *
ねこ写真グループブログ 「ねこゆひ」に参加しています
[ ARTICLE ]
螺旋階段 (08/20) NEW!
#62 午後4時の猫 (08/16)
急げ〜 (08/12)
夏模様 (08/08)


 
[PR]
by 1725canon | 2014-08-20 23:24 | impressions | Comments(2)

  明暗

f0197128_22182180.jpg

明るければ明るいなりに  
暗ければ暗いなりに  
誠の光を捉えたい  

世の中、偽りの光が多すぎるけれど  
頼りにするべきは、誰かの目じゃなくて己の目  
己の目でしっかり捉えることこそが  
すべての明暗を分けるのだ  

と、思う今日このごろ


 
[PR]
by 1725canon | 2014-07-05 22:21 | impressions | Comments(4)

  その光を和げて、その塵に同じくす

f0197128_2236442.jpg

その光を和げて、その塵に同じくす - 『老子 道徳経』 第四章より

副田道子さんの写真展「Life - 在るがままに 意のままに -」を拝見して
刺激をいただき、考えを深めたり確認したり、いろいろなことを学び……
ここや「ねこゆひ」、自分の秘密ノート(笑)に書き留めました。
今日は彼女の写真展最終日を数時間ご一緒させていただいて、「撮り手」に
ついて考えたとき、自己の世界を確固とした才能をもちながらもそれを
ひけらかすことなく、周囲と同調してやっていける立派な人物だからこそ、
素晴らしい作品を産み出す、という結論にたどりつきました。

先に行わせていただいた己が写真展の反省や再考にも、大いに影響する
ところもあり、本当に「実りある秋」であったと、そう思うのでございます。



 
[PR]
by 1725canon | 2013-11-14 22:39 | impressions | Comments(0)

  刺激

f0197128_1514782.jpg

いつも
他のかたの写真展を見に行くと、すごく刺激を受ける
良い意味でゾクゾクワナワナ、いてもたってもいられないような感じ……


というわけで、「ねこゆひ」でご一緒させていただいている副田道子さんの写真展
拝見してきました。

f0197128_152209.jpg

プリントの色合いがとても自然で、遠景でも近影でも、自分がそこにいてその猫景を
見ているような臨場感が溢れてる。だからこそ感じる、在るがままの猫たちの佇まいや
逞しさ。ふと、有り様を人に重ねていつのまにかぎゅっと手を握ってた。
その掌に滲んだ湿り気が、私の感じた「Life=生」だったと思う。
深いよ、そえにゃん!


同会場内ミニギャラリーで行われている、深川裕子さんの写真展も拝見してきました。

f0197128_153287.jpg

街なかで、人と猫が交錯する瞬間に生まれる物語を感じる素敵な作品群。
先月の拙写真展のギャラリー近くで撮影されたという作品もあり、私はその一葉が
とてもお気に入りでございます。

両写真展とも11月14日(木)まで行われています。皆様もぜひ♪



* * *
ねこ写真グループブログ 「ねこゆひ」に参加しています
・更新情報: 11/9 担当:プーチンオーナーさん



 
[PR]
by 1725canon | 2013-11-10 01:56 | impressions | Comments(4)